銀行系キャッシングの特徴

クレジットカードなどのキャッシング会社には色々ありますが、銀行が母体となって運営されている
ものを一般に銀行系キャッシングと呼びます。


そのため信用力が高く、キャッシングが初めてで警戒心がある人でも銀行系キャッシングなら安心して
受けることができます。少し前まで、銀行は個人向けのキャッシングサービスは行っていませんでした。


しかし、銀行は収益性の改善を図る為にキャッシングサービス市場へ参入しました。そして銀行系とい
う信用力で消費者を取り込みたいと考えています。

キャッシング.jpg

しかし、個人向けキャッシングのノウハウを持たない銀行は、単独で会社を作りはしませんでした。
そのため、銀行はキャッシングの会社を新しく作るために消費者金融の専業会社と提携をしてノウハウ
を取り入れました。


銀行系キャッシングから融資を受けた場合、年間20%弱の年利がつきます。これは、消費者金融の中で
は低金利の部類に入ります。たいていは申し込みから実際の貸し出しまで時間がかかることです。


銀行系キャッシングの利用はお手軽にはいきませんが、多くの融資を長期に受けたい時に向いています。
返済は口座からの引き落としで、金利は月割りで定められた額をその都度引く形です。


くれぐれも使用はほどほどにしましょう。キャッシングに頼るクセがついている人は一旦カードを全て
破棄し依存を断ち切る努力も必要です。


この記事へのコメント


この記事へのトラックバック